ベビーキッズ用品の愛用品・おすすめは楽天ROOMへ >>

【印刷可】保育園見学チェックリスト!質問すること60ポイント

育児

保育園選びは慎重に行いたいですよね。

もちろん入園してみないと分からないこともありますが、なるべくミスマッチは避けたいところ。

そこで保育園見学でチェックしたい60ポイントをリスト化しました。

A4サイズなのでネットプリントなどで印刷してぜひ使ってみてください

さらに保育園に1年通ってみて大事だと感じたところ・後悔していることも紹介します。

保育園見学チェックリスト

チェックリストは個人利用に限り保存・印刷を許可します。

二次加工や配布行為はおやめください。

1園ごとに書くリストと、3園書けるリストのチェック項目は一緒です。

1園ごとに記入するチェックリスト

1園ごとに書けるリストです。

しっかり書きたい人、他の園のことを書かれたものを見学の場に持っていくのは気が引ける人向けです。

3園ずつ書けるチェックリスト

3園ずつ書けるチェックリストです。

見やすく比較検討できます。

保育園見学のポイント

60ポイント全部を平等に見る必要はありません。

自分が譲れないところや重視したいところを中心に見ると良いでしょう。

「どんなところを見たら良いか分からない」という人のために、実際保育園に通ってみて私が重視して良かったところ・後悔しているところをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

実際に保育園に通ってみて重視してよかったところ

子どもも親もストレスが少なく保育園に通えている理由をあげてみました。

  1. アレルギー対応
  2. お弁当の日はあるか
  3. 保育料以外に必要なお金は?
  4. 行事はどれくらい?
  5. 絵本は豊富か
  6. 先生・園児の様子

1.アレルギー対応

息子は乳・卵アレルギーです。

入園が決まった時点ではまだ発覚していなかったので、見学時点では重視していませんでしたか、結果的に今の園にして良かったです。

息子の園では代替食」での対応をしてくれます。

例えば「牛乳→豆乳に変更」「おやつのチーズ→赤ちゃんせんべいに変更」などです。

もし代替食の用意がない園だったら、息子用の豆乳やおやつを持ち込ませてもらうか、息子の分だけないかの二択だったと思います。

そういった心配をしなくて済む「代替食でのアレルギー対応」にかなり助けられています。

2.お弁当の日はあるか

保育園は共働き家庭がほとんどなのでお弁当頻度の低い園が多いです。

息子の園でも遠足や運動会(コロナ禍でどちらも中止でしたが…)卒園式の時だけお弁当で、それ以外は給食です。

園の方針によっては「毎週○曜日はお弁当」「基本お弁当」な園もあります。

私は時短勤務での職場復帰でしたが、定期的にお弁当を作るのは難しかったと思います。

自分と夫の分は毎日作っていますが、息子の分もとなると負担がかなり増えてしまいます。

栄養バランスや好き嫌い、彩り、デコレーションなどなど、赤ちゃんや子どものお弁当作りは大人用よりも気を遣う部分が多いので…

もちろんお弁当派のご家庭もあるので、あくまでも「私には」合わないと感じました。

3.保育料以外に必要なお金は?

これは絶対に聞いておいた方がいいです。

特に私立園では大幅に追加費用が必要になることがあります。

例えば、外部講師への費用、教材費、サブスクのオムツ代、布団レンタル代、行事費、PTA費などです。

保育料の他に月々10万円以上かかる園もあります。

もちろんその分メリットもある(英語の授業がある、習い事ができるなど)ので、家計や教育方針と相談しながら決めましょう。

4.行事はどれくらい?

運動会などの大きな行事もですが、私は季節を感じられるような行事があるかを重視しました。

例えば七夕、十五夜、お正月、芋掘り、田植え、野菜を育て収穫する、梅仕事などです。

お友達と一緒に楽しむ行事は楽しさも倍増すると思うので、行事に熱心な園を希望しました。

5.絵本は豊富か

私自身が絵本の好きな子どもだったので、絵本の数や種類は豊富な方が良いなと思いました。

中には絵本の貸し出しをしている園も。

気になる絵本を全部買っていたら金銭的にも場所的にも大変なので、借りられるのは良いですよね。

6.先生・園児の様子

個人的にはこれが一番大事だと思います。

園の教育方針が出てくる部分でもあります。

きっちりしている園もあれば、のびのび自由な園もありました。

私はのびのび派ですが、きっちりしている園は小学校にあがった時に子どものストレスが少ないと聞きなるほどなと思いました。

先生も園児も楽しそうか、子どもたちは仲が良いかは特に重視していました。

先生が楽しく働ける園の方が子どもたちにも良いだろうと思ったためです。

園ではお友達との交流を楽しんで欲しかったので、子供たちの仲の良さも確認しました。

保育園に通ってみて後悔しているところ

  1. 家・保育園・駅の位置関係

私が後悔しているのはこれだけです。

今通っている園は「家⇔保育園は徒歩5分」「保育園⇔駅は徒歩15分」くらいです。

「家から近いところに入れられてラッキー!」と思っていましたが、実際通い始めると不便なところが。

それはお迎え後にスーパーに寄るのが大変なこと。

園の方針によるかもしれませんが、私の子どもが通っている園は「お迎え前の寄り道NG」です。

そして私の家の近くにはスーパーがなく、最寄りスーパーは駅前です。

つまり、平日にスーパーに行こうとすると駅→保育園お迎え→駅前のスーパー→帰宅の流れに。

これが本当にめんどくさい。

駅近の保育園にしておけば良かったな〜と思ってしまいます。

ただ、駅近園は激戦なことが多いので駅近だけ希望を出しても通らない可能性が高いです。

そんな後悔もありつつ、抑えておきたいところはしっかり抑えられたので結果的に保育園選びは成功でした!

実際入園してみないと分からないこともありますが、このチェックリストを使って保育園選びがうまくいく人が増えたら嬉しいです。

保育園に通うなら持っておきたい鼻水吸い機を紹介しています↓

0歳クラスの子は平均で月に2.5日も病欠すると言われています。

自分で鼻をかめない子どものために鼻水吸い機を使って少しでも楽にしてあげましょう。

【メルシーポット】デメリット3つ・メリット5つ
自分で鼻をかめない赤ちゃんに必須級の鼻水吸い機。いろいろ種類はありますが私のオススメは「メルシーポット」。その理由をメリット・デメリットをあげながら解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました