ベビーキッズ用品の愛用品・おすすめは楽天ROOMへ >>

離乳食の準備リスト 最低限必要なもの、あると便利なもの

育児

5ヶ月ごろから始まる離乳食。
初めての離乳食は、パパママも赤ちゃんも分からないことだらけですよね。
離乳食開始前に揃えておきたいものをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

そのまま真似するだけの離乳食カレンダー、離乳食の作り方・進め方はこちらから↓

離乳食で必要なものリスト

離乳食が始まる時に用意しておきたいのはこちらです。

ざっくりと「離乳食を作る時に使うもの」「食べさせる時に使うもの」の2つに分けました。

次の章ではどんな物がオススメか、百均で買えるか、別のもので代用できるかなど、詳しく説明しますね。

離乳食を作る時に使うもの

すべてベビーフードを使う予定の方は、ここの項目では「計量スプーン」のみ用意しておきましょう。

計量スプーン

元々持っている場合は買い足さなくても大丈夫です。

初めての離乳食は「小さじ1の10倍がゆ」です。
離乳食に慣れてきても、初めての食材は一度にたくさん与えず小さじ1のみとなりますので、小さじはずっと使います。
量を食べるようになると大さじがあると便利です。

買い足す場合も、百均に「小さじ・大さじ」がセットになっているものがあるので、それで十分です。

「離乳食を作る時に使うもの」の項目で、唯一「全てベビーフードを使う」という人も用意が必要です。

ブレンダー

ブレンダーも元々持っているものがあればそれで大丈夫です。

ブレンダーが必要なのは、「離乳食を手作りしてフリージングする」という人。
手作りする人でも「毎食作ってフリージングはしない」という場合は量が少ないので、ブレンダーは不要です。
また、ペースト状にする間は食べる量が少ないので、ミキサーで代用は難しいです。

刃を変えて微塵切りが出来るタイプだと、離乳食中期以降も長く使えます。
オススメは「Yihai」のハンドブレンダー。

安いし聞いたことのないブランドだったので心配でしたが、全く問題なく使えています。
少ない量でもしっかりペーストに出来ます。
さらに、軽い・飛び散りにくい・洗いやすいのも魅力的です。
また、チョッパーにもなるので、微塵切りもすぐに出来、中期以降も活躍してくれます。

ただ、説明書きには「鍋に直接使える」とありますが、傷つくので付属のカップを使った方が良いです。

すり鉢・すりこぎ棒

あると便利です。
「しらすの少量パック」のような極少量のペーストを作る時にはハンドブレンダーよりもすり鉢を使った方がかえって早く出来ます。
新しく買うなら百均で十分ですが、離乳食調理器具がセットになっているものもあるので、こちらでも。

こし器

ザルで代用が出来ます。
「しらすの塩抜きをする」「納豆の粘りを取る」「とうもろこしの皮を除く」などの時にあると便利です。

百均にもありますし、すり鉢・すりこぎ棒↑で紹介している「リッチェル調理器セット」にも入っています。

小鍋(ミルクパン)

離乳食を手作り予定なら、絶対にあった方が良いもののひとつです。
「野菜や肉、魚を茹でる」時に、お湯がすぐ沸騰するので時短になります。
小さくて洗いやすいところも良いですね。

見た目が可愛くフタ付きでIH対応の「富士ホーロー」がオススメです。

炊飯器

こちらもわざわざ新しい物を買う必要はないです。
おかゆを炊くのはもちろん、複数種類の野菜を一度に仕込む事が出来ます。
一度に仕込む時には野菜を大きめに切り、ヒタヒタの水を入れて早炊きをするのですが、煮汁も栄養たっぷりの野菜出汁として使うことが出来ますよ。

まな板

まな板はすでにお持ちの方も、新しく離乳食用を買った方が衛生的に良いです。
離乳食用だからと言って、小さすぎる物は中期以降に使いにくくなってしまうのでご注意ください。

こちら↓のまな板は色分けされていて分かりやすく、フック穴としても使えるマークが可愛らしいです。

包丁

大人のものと一緒で大丈夫です。
(大人用として使う時もそうですが)清潔にして、生肉や生魚を切った後は消毒や除菌をしましょう。
出来れば肉用・魚用・野菜用など、食材ごとに分けると良いですね。

製氷皿

百均にも売っていますが、食材が取り出しにくいのでオススメしません。

リッチェルの「わけわけフリージング」が取り出しやすく重ねられるので便利です。
初めのうちは15ml(小さじ3=大さじ1)で十分です。
たくさん食べるようになったら25ml、50mlを買い足しましょう。

離乳食を食べさせる時に使うもの

椅子

腰が座るまではパパママの抱っこやローチェアで与えましょう。

ローチェアは、下半身ほっそりさんはバンボ普通体型ならカリブむちむちさんはingenuity(インジェニュイティ)がオススメです。

腰座り前でも座りやすいのはバンボですが、その分足の部分が狭いので、普通体型〜の方は入らないか抜けにくい可能性があります。
後から大人用の椅子に取り付け出来るマルチを購入すると長く使えます。

カリブはお安くて、バンボでは足が入らなかった子にもおすすめです。
大人用の椅子には取り付けられないので、使える期間が短いのがネックです。

ingenuity(インジェニュイティ)は足がムチムチしている赤ちゃんにおすすめです。
大人用の椅子に取り付けられるうえに、2箇所で固定するタイプなので安定感があり安心です。
テーブル部分を収納しておけるのもスッキリしますね。

お食事スタイ

お食事用のスタイを用意しましょう。

おかゆのみのうちは普通のスタイやガーゼ、タオルでも大丈夫です。
野菜を食べるようになると色がついてしまいますし、口からだらーっと出されると普通のスタイでは受け止めきれません。

使いやすいのはベビービョルンのスタイです。

良かった点は、

  • 首の調整が細かく出来る
  • ポケットが開いているので食べこぼしもしっかりキャッチ
  • 手入れが簡単
  • 色・デザインがかわいい

布やナイロン製のスタイは洗って乾かす必要がありますが、こちらは洗った後は水分を拭き取ればまた使えるので3回食になってからもこれひとつで大丈夫です。
色味も可愛らしく、パウダーブルー・パウダーピンク・パウダーイエロー・パウダーグリーンがあります。
商品写真どおりの落ち着いた綺麗な色です。

難点としては素材の都合で折りたためず、かさばるところ。
外食用などに持ち運びのできるお食事スタイも用意しておくと良いです。

使いやすかったのはこちらのスタイ。

良かった点は、

  • スナップボタンなので子どもの力で外れにくい
  • ポケットが後ろからひっくり返すタイプで立体的
  • 軽い
  • 安くてしっかりしている
  • 洗濯機で洗える

マジックテープは子どもの力でも簡単に外れてしまうので使いにくいです。※楽天のリンクはマジックテープタイプです。
また、ポケットが前に縫われているタイプはポケットが開かずあまりついている意味がないです。
その点↑のスタイは使いやすいなと思いました。

ただ、やはりベビービョルンのようなしっかりした素材のものよりは、食べこぼしがポケットに入りにくいのが惜しいところです。

離乳食用スプーン

離乳食用スプーンは必ず用意しましょう。
SNSで「サーティーワンのスプーンがちょうどいい」と話題になったこともありますが、薄いプラスチック製で割れると危険なので、ちゃんと離乳食用のものを用意しましょう。

リッチェルの離乳食スプーンカーブが持ちやすく、柔らかい素材なので器から残さずすくえるのも良かったです。
2本セットで、大きい方はスープなどの液体を与えるのにちょうど良いです。
パステルカラーが可愛らしいですが、人参やトマトなどで色移りしてしまいます。
気になるようなら赤・黄の方が良いでしょう。

あまり離乳食を食べたがらなかった子が「スプーンを変えたら食べるようになった」という話もよく聞きます。
リッチェル以外にもピジョンの「はじめてのフィーディングスプーン」レックの「アンパンマン離乳食スプーン」も人気が高いです。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥490 (2021/10/11 12:49時点 | 楽天市場調べ)
¥528 (2021/10/11 12:51時点 | Amazon調べ)

食器

百均にある小さい器でも大丈夫です。
かわいいのでついたくさん買いがちですが、食べる量が増えると使えなくなるので、買いすぎに注意です。
主食・主菜・副菜で3枚あれば初期のうちは足りると思います。

人気なのはセリアの小皿。
デザインもシンプルながらかわいらしいものがたくさんあります。

長く使えるのは10mois(ディモワ)のプレート。
幼児食まで使え、それ以降もおやつプレートとしても使えます。
雲形は可愛いだけでなく、スプーンですくいやすい形状となっています。
竹配合のバイオマスプラスチック製のマットな質感で、磁器のものよりも割れにくいのも安心ですね。
電子レンジ、食洗機対応です。

ワセリン

肌の弱いお子さんにはワセリンを用意してあげましょう。

離乳食前に口の周りに塗ることで、口の周りのかぶれ予防になります。
また、ワセリンを塗っておけば食後に口元を拭き取るのも楽ですよ。

サンドラッグe-shop
¥1,689 (2021/10/10 22:16時点 | 楽天市場調べ)

ストローマグ

母乳・ミルク以外の水分補給にストロー飲みが出来ると、お出掛けの時にも便利です。
6ヵ月から使えるストローマグならリッチェルの「いきなりストローマグセット」が人気です。

私はストロー飲みの練習には紙パックを使いました。
子が吸うタイミングで、側面を少し押してあげることで「吸えば飲める」を覚えさせました。

伊藤園の「こどもむぎ茶」はカフェインレスで1ヵ月から使えます。
簡単に麦茶が出るので飲みやすいのも良いところのひとつです。

歯ブラシ

歯磨きを嫌がる子も多いので、歯がうっすら見え始めたらガーゼ磨きで歯磨き練習をしてみましょう。
湿らせたガーゼを指に巻き付け、歯の表と裏を優しく拭いてあげます。
慣れてきたら歯ブラシでの歯磨きにチャレンジしてみましょう。

オススメのベビー歯ブラシはホクビの「HAMICO」。
赤ちゃんの為の歯ブラシなので、様々な工夫がされています。

  • ヘッドが超コンパクトで奥歯まで磨きやすい
  • ブラシが喉まで届かないリング型のボディ
  • 仕上げ磨きもしやすいフラット形状
  • 丸い毛先の極細毛

以上で用意するものの紹介は終わりです。
「離乳食はどうやって初めて進めて行けば良いのか」はこちらにまとめてあるので良かったら参考にしてみてください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました